コーチングと物販を通じ自由で豊かな生き方を学べるフリーライフカレッジ

メールアドレス
  • HOME
  • コーチングとは

コーチングとは


コーチングとは?

「自分の理想の人生を歩みたい」
「自分のやりたいことを人生でしたい」
「自分の人生で成功したい」

と思ったことはないでしょうか?
誰もが自分の思い描く人生を歩みたいと思ったことはあると思います。

しかし、実際に自分の人生を描こうとした時、
「自分の理想がよく分からない」
「自分のやりたいことが分からない」
「自分にとっての成功が分からない」

となり、自分の送りたい人生を上手く描けない人が多いです。

中には、自分の理想の人生とは、
「自由を手に入れることだ!」
「お金持ちになることだ!」
「仕事で成功することだ!」

と答える人もいますが、

「あなたにとって自由とは何ですか?」
「お金がいくら欲しくて、どのように使いたいですか?」
「仕事での成功とは何ですか?」

と質問すると、そこから先のことが描けない人が多いです。

描けないのは、その人の
・経験が浅いから
・能力がないから
・勉強不足だから

ということではないです。

そもそも自分の歩みたい人生の描き方は、
・学校
・家庭
・会社

では教えてくれないからです。

そもそも学んだことがないため、描けないのは当然です。
そのため、今描けなかったとしても、その描き方を学べば、誰でも自分で描けるようになります。

コーチングとは、
自分の中に曖昧になっている本当に歩みたい理想の人生を明確に描くこと、です。
そして、
あなたがその理想の人生を歩む主人公となり、
そのサポートをするのが、コーチのお仕事、です。

・自分のやりたいことを見つけ、イキイキとした人生を歩みたい
・自分の夢に向かって走り始め、人生のワクワクを感じたい
・一番やりたいと思うことをして、ウキウキした人生を送りたい

フリーライフカレッジでは、あなたがワクワクする理想の人生の描き方をお伝えし、
あなたの人生をサポートします。

他のコーチングとは何が違うのか?

理想の人生を描き、3年後の目標ができたとします。
3年後の目標ができると、
その目標から逆算していき、
2年後、1年後、半年後、1ヶ月後の目標を考えていきます。
自分自身もその1カ月後の目標にワクワクし、絶対達成したいと思い、その目標に向かっていきます。

高い山に登る遠い道のりのイラスト


しかし、その1カ月後の目標を達成できるのは、10人中、何人ぐらいでしょうか?
これは大体1人ぐらいで、実際はほとんどの人が達成できないのが実情です。

なぜなら、人には「コンフォートゾーン」というものがあるからです。
「自分の行きたい場所があったとしても、自分の居心地の良い場所から抜け出さず、今の場所に留まりたい」
という心のブレーキ
があり、本能的に変化を嫌うものなのです。

この「コンフォートゾーン」があったからこそ人は長く生き残ってきた側面もあります。
しかし、これが厄介で、
「危なくないことも危ない」
と「コンフォートゾーン」によって感じてしまいます。

しかも、
「あなたにとって危ないと思うこと」
「私にとって危ないと思うこと」

は全く違うのです。

そのため、自分にとって危ないと思ってしまうその恐怖を手放さないと、
人は理想の人生に向かおうとしても、実際にはなかなか到達することができない
のです。

フリーライフカレッジでは、その無意識的にある恐怖を「内観」という手法で手放し、
自然と自分の理想の人生に向かい、到達できるようになるサポート
をします。

無意識とは?

人の意識と無意識は、何パーセントずつあると思いますか?
これは、心理学では、
・意識=3パーセント
・無意識=97パーセント

と言われています。

海面下の方が圧倒的に大きい氷山

圧倒的に無意識の方が多いのです。
「意識は氷山の一角である」と例えられたりもします。

意識的に行動しようとしたとしても、
無意識では、目標を達成したくなく、行動もしたくないと思っていたら、
自分が達成したいと思っている目標も、達成できないことが起こってしまうのです。

そのため、意識で達成したいと思っていることが、無意識でも達成したいと思っていることが大切なのです。

では、無意識とは何で成り立っているのでしょうか?
無意識の中では、
・やりたい
・やりたくない

の判断が自動的に行われています。

判断をしているということは、その判断基準があるのです。
その判断基準は「価値観」です。
特にネガティブな価値観によって、無意識的にやりたくないと思ってしまうことが多いです。
・失敗してはダメだ
・批判されてはダメダ
・迷惑をかけてはダメだ

など、人は多くの価値観を持っています。
それに基づいて、無意識的に「やりたい・やりたくない」の判断をしています。

この価値観は人によってバラバラで、また生まれた時から持っているものではないです。
何か理由があってできたものです。
それは過去の「記憶」です。
過去の経験、知識、教育などによって、人には多くの記憶があります。
その記憶に基づいて、価値観はできているのです。

記憶とは?

ということは、
記憶が変わる → 価値観が変わる → 無意識が変わる
ことになります。
しかし、記憶を変えることがよく分からないと思います。

海面下の方が圧倒的に大きい氷山

記憶をさらに分解すると、
• 事実
• 解釈

の2つに分かれます。

事実は既に起こってしまったことなので、変えることはできませんが、
解釈は変えることができます。
そして、
実はこの解釈が人の記憶を作ってしまいます。
なぜなら、人にとって、事実よりも解釈の方が大切だからです。

例えば、友人4人と旅行に行ったとしましょう。
旅行から1年後、その旅行について話をした時、
記憶違いがよく起こります。
同じ出来事を経験し、共有したはずなのに、お互いに覚えている記憶が違うのです。

なぜなら、人にとって、事実よりも、
・自分がどう感じたか?
・自分がどう思ったか?

の解釈の方が大切であり、それが事実よりも優先してしまうため、
記憶違いが起こってしまいます。

そのため、記憶を変えるというのは、事実を変えるのではなく、解釈を変えるということです。
特にネガティブな解釈が変われば、ポジティブな記憶に変わり、ポジティブな価値観に変わり、ポジティブな無意識に変わり、
自然と行動できる自分になり、達成できなかった目標も達成できるようになります。

過去・現在・未来

時間には、過去・現在・未来の3つがあります。
あなたにとってどれが一番大切ですか?

これは人によって意見が分かれるので、答えはバラバラです。
現在が大切だと言う人は、
「過去は変えられないし、未来も分からないから、現在が大切だ」
未来が大切だと言う人は、
「自分の行きたい未来や明るい方向性が分からないと、今を頑張れないから、未来が大切だ」
と言ったりし、様々な意見があります。

3つの次元のフラッグ

過去・現在・未来の全て大切なのですが、今回強調してお伝えしたいのが、実は過去はとても大切なことです。

なぜなら、無意識は、過去・現在・未来の区別が全くつかないからです。
そのため、過去を大切にできないと、現在も未来も大切にできないことが起こってしまいます。

例えば、今、過去に美味しいステーキを食べたことを思い出します。
すると、今よだれが出てきます。
今、未来に美味しいステーキを食べることをイメージします。
すると、今よだれが出てきます。
ステーキを食べることは現実ではなく、過去や未来のことであるのに、無意識ではその区別がつかないため、今よだれが出てくるのです。

人は無意識的に過去の出来事をそのまま現在や未来に当てはめて考えてしまいます。
・過去に失敗したから、これからも失敗する
・過去に批判されたから、また同じことをすると批判される
・過去に迷惑をかけて嫌われたから、迷惑をかけてはダメだ

本当は過去とは関係なく、現在と未来は無限の可能性があります。

しかし、無意識的に過去にあったことをそのまま現在や未来に当てはめて考えてしまうため、現在と未来を大切にできないのです。

内観

内観によって過去の記憶の解釈を変えると、自然と理想の未来に向かえ、到達できるようになります。
特に自分の潜在的な能力が使えるようになるため、達成できないと思っていた目標も達成できるようになります。

雄大な山頂の主人公

「長所を見つけましょう!」
とよく言われますが、実は長所を見つけても、ほとんどの場合、活かすことができないです。

例えば、「クリエイティブな力を生み出す」長所を持っていたとしても、
仮にその人の中に、「人から嫌われたくない」という価値観を持っていたとすると、
クリエイティブな長所は使うことができません。
人から嫌われたくないため、クリエイティブな長所を使おうとしないのです。

だからこそ、内観により自分の恐怖を手放し、価値観が変わると、
自然と自分の長所を使える
ようになります。

人は元々自分に様々な潜在的な能力を秘めています。
それが自然と使えるようになると、
自分が無理だと思っていた目標も自然と達成できるようになります。

・自分に自信をつけて、自然と行動できるようになりたい
・今まで達成できなかった目標を達成できるようになりたい
・自分にとっての人生の成功をつかみ取りたい

フリーライフカレッジは、コーチングと内観によって、人生の主人公であるあなたが理想の人生を歩み、到達できるようサポートします。

このページの先頭へ